スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RaspberryPi2で固定IPアドレスを設定する。

 先日、無線LANの設定について記事を書いて満足していましたが、その後再び電源を入れるとネットに接続できなくなりました。
 あれやこれやしているうちにローカルにも接続できなくなり、にっちもさっちも行かなくなったので再度イメージを焼き直して設定し直しました。

 今回の初回接続は、「wpa_gui」から行いました。
 初起動後に、左上の「Menu]から「RUN…」へと進み、「wpa_gui」と入力してOKをクリックします。
 「scan」をクリックして、繋げたいネットワークをダブルクリック、PSKを入力します。
 (アダプタが表示されず、scan出来ないときは一度USB無線アダプタを抜き差しすると良いようです。)
 (USBを抜き差しする時に、誤ってmicroSDに触れて抜いてしまわないように注意!!)

  後は「Connect」で繋がると思います。
  念のためここで再起動。

 いよいよIPアドレスの固定リベンジです。
 今回の問題の根本は、現時点の「RASPBIAN 2015-05-05」バージョンでは、再起動時にnameserver設定をする「/etc/resolv.conf」がresolvconfによって書き換えられてしまうようです。

 resolveconfは、「/etc/network/interfaces」のDNSまわりの設定を反映しているようなので、こちらにしっかりと記述するようにして対処します。



 sudo nano /etc/network/interfaces

 以下のように書き換えます。
 IPアドレスは環境に合わせて。

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet manual

auto wlan0
allow-hotplug wlan0
#iface wlan0 inet manual
iface wlan0 inet static
address 192.168.11.14
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.11.1
dns-nameserver 192.168.11.1

wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf


 以上です。
 初期状態からの最低限の変更だと思いますので、環境に合わせて変更をしてください。
 (wlan1は削除しました。)

 再起動後にも希望のIPがとれてインターネットにも繋がってれば成功です。
 必要に応じて「/etc/resolv.conf」の中身を見て、nameserverが入っていることを確認してください。

 オレの数日間を返せーーーーー!!!!!


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SiO_the_ORANGE

Author:SiO_the_ORANGE
 
DIYとか自作とか修理って言葉に反応します。

 いろんなことを勉強しながらちょっとずつ出来ることを増やしていこうと目論むブログです。

 情報というよりメモですが、お気付きの点あればいろいろ教えてください。

コメント大歓迎です!

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。