スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RetroPie を使ってみる。

 以前、ネットの記事youtubeでみたRaspberryPiでポータブルゲームを作るってのを自分もやってみたくて、いろいろ始めてみることにしました。

 既にタッチ液晶は注文してモノが届いてたりするんですが、それについてはまた別の機会に触れるとして、手始めにエミュレーターの「Retro Pie」を導入するところから始めてみようと思います。

 今回使うのは、最近セットアップしたPi2ではなくて、もともと昔から持っていたmodel Bの方です。
 こいつは、Pi2とかB+とかよりももっと前の無印Bタイプです。(リビジョンは2だったと思いますが。)
写真 2015-06-06 12 59 41
 線が延びてるのは、USBよりももっとたくさん給電したくなった時用にと以前半田付けしたものです。
 この部分については機会があれば触れようと思います。

 とりあえずしばらくこいつを使ってあれこれ試していきながら、最終的にはポータブルな形に仕上げていきたいなと思います。


 では早速RetroPieについて調べながら取り掛かります。

 参考にした日本語サイトはこちら→ wajima君、Raspberry Pi遊びもほどほどに

 とりあえず、「RetroPie Downloads」に行き、今回はPi2ではないので、「RetroPie SD-card Image for Raspberry Pi 1 Version 2.6」をダウンロードします。

 かなり待ちますが、終わったらダウンロードしたファイルを解凍します。
 「.gz」という形式なので最初戸惑いましたが、いつも使っているLhaplusで普通に解凍できました。

 解凍した後は、いつものとおり、Win32 Disk Imagerで焼きこみます。(使い方は特に難しいことは無いと思うのでここでは省略)

 イメージの焼き込みが出来たら、RaspberryPiにSDカードをぶっさして、HDMIのモニタに繋げて起動します。
起動はあっさりできました。
写真 2015-06-06 14 10 58 (2)
写真 2015-06-06 13 02 55 (2)

からの

写真 2015-06-06 13 03 24 (1)

 ここで画面を見ると、「NO GAMEPADS DETECTED」とあります。
 いきなりゲームパッドを繋いでもいいんかなと疑問に思いつつ、ゲームパッドを繋ぎます。
 しかも、今回は、有り合わせのゲームパッドをということで、以前PCゲーム用に使っていたPS2コントローラとUSB変換ケーブルの組み合わせを使います。
写真 2015-06-06 13 18 41

使ったのはこいつ↓
ELECOM ゲームパッドコンバータ USB接続 プレステ/プレステ2コントローラ対応 2ポート JC-PS102UBK


最初から不安のある組み合わせですが・・・
変換機を差して一呼吸おいてPS2コントローラを繋げたらあっさりと認識しました。

画面の指示に従ってさらっとパッドのボタン設定を進めます。
写真 2015-06-06 13 22 18

 すると・・・機種を選択する画面に進みました。

 とりあえず一通り見てみますが、スーファミとかファミコンとかメジャーなものがありません。
 どうやらROMを入れると自動的に出てくるようです。
 
 立ち上がったことを確認したら、いろんなサイトを参考にしながらRPi本体の設定を進めていきます。

 やったことをまとめると以下のとおりです。

 ・コントローラーを一回抜いてUSB無線LAN、USBキーボードを差す。
 ・起動したら、「F4」キーを押してエミュから抜けてコンソールに入る。
 ・sudo raspi-cofigで設定画面に入る。
 ・「Expand Filesystem」で容量拡張
 ・「Internationalisation Options」で「Locate」に「Ja_JP.UTF-8」を加える。
  (その後聞かれるデフォは良くわからないので元からある「en_GB.UTF-8」を選択)
  更に「Timezone」で「Tokyo」を選択
  更に「keyboard Layout」を「Generic 105-key (Intel) PC」-「Other」-「JAPANESE」を選択
 ・「Advanced Options」で「SSH」を「Enable」

 ここまでは、この前Pi2をセットアップした時と同じです。
 再起動したらまたコンソール画面に戻って、無線LANの設定に入ります。
 (有線でLANケーブルを繋ぐときはいらない手順でしょう。
 
 ・lsusb でUSB無線LANが認識されているか確認 →OK
 ・iwconfigでwlan0が機能しているか確認 →OK
 ・sudo iwlist scanでネットワークが見えているか確認 →OK
 ・sudo nano /etc/network/interfacesで設定ファイルを編集
  内容は前回設定したときと同じ内容で、IPを192.168.11.16に固定する。
 ・sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confで以下の様に記述する。
  

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
ssid="繋ぎたいネットワーク名"
psk="パスワードを間違わないようにここへ入力"
proto=WPA
key_mgmt=WPA-PSK
pairwise=CCMP
auth_alg=OPEN
}

sudo nano /etc/resolv.confで以下の様に記述する。
 

nameserver 192.168.11.1   //実際の環境に合わせて入力

sudo rebootで再起動語にまたコンソール画面へ。

 上手く言っていればネットに繋がっているはず。
 ここからはモニタじゃなくて他からSSHで繋いでもいけるはず。

 続いていよいよRetoroPieにかかわることです。(有線LANの人はここから!)

 ・sudo rpi-updateでRaspberryPiのファームをアップデート
 ・sudo rebootで再起動後にまたコンソールへ戻る。
 ・お決まりのアップデート&アップグレード
  以下を打てば一回でいけるらしい。いい事を聞いた!
  sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade -y
 ・sudo rebootで再起動後にまたコンソールへ戻る。

 ・cd RetroPie-Setup でフォルダ移動
 ・sudo ./retropie_setup.sh でセットアップメニューを出す。
 ・「U UPDATE RetroPie Setup script」 を選択する。
  何やら処理が行われたあと、メニューを再起動しろ見たいに言われるので、OKの後、
  最初の画面でCancelを選んでコンソール画面に戻り、再びsudo ./retropie_setup.shを打つ。
 ・「Setup / Configutration (to be used post install)」から「320 Configure input devices for RetroArch」
  を選んだ後、「Configure joystick/controller for use with RetroArch」を選んでキーの設定を行う。
  設定するコントローラーだけ繋いどけよ見たいなことを言ってる気がするので「OK」
  コンソール画面になるので、準備が出来たら「Enter」を押す。
  一つのボタンにつき数秒しかない制限時間があるので注意。心の準備が出来てから進め!(何回でもやり直せるんだけどね!)
 ・更に「329 USB ROM Service」から「1 Enable USB ROM Service」を選択します。
  これは、USBメモリ経由でROMをインストールする機能のようです。
 
 ここまできたらメニューを「Cancel」してコンソールに戻り、再起動します。

 さて。次はROMの準備です。
 ROMはUSBメモリを通じて入れることにします。
 まず適当なUSBメモリを、電源が入ってRetroPieが起動している状態のRPiに差し込みます。
 自動でいくつかの空フォルダが作成されるので少しだけ待ちます。

 その後に抜いて、ROMが入っているPCに繋ぐと、USBメモリの中に「roms」というフォルダが出来ていて、ハードというかエミュレータ毎にフォルダが出来ています。

 今回は、「nes」「nes-nestopia」「snes」「snes-pisnes」の中にROMを入れてみました。
2015-06-18_13h00_30.jpg
 
 コピーが終わった後に、USBメモリをまたRPiへ戻します。
 ゲームパッドを繋いで電源を入れると...
写真 2015-06-06 22 20 52
 きた!ファミコンもスーファミもある!!
写真 2015-06-06 22 30 34

 少し操作をしてみましたが...ん?右のABXYの割り当てがおかしいような。。。
 
 とりあえず動いて操作が出来るようになりました。
 

 ちなみに、コンソール画面で最初に出るキノピオ的な画面のスクショです。
 (最初はモニタを直撮り。SSH繋げてからはTera Termをスクショ)

before
写真 2015-06-06 14 15 25 (2)
after
2015-06-18_12h29_39.jpg

 ファイルシステムが拡張されて15GBまで認識されているのと、ネットワークに繋がって指定した固定IPアドレスになっているのがわかります。
 
 こういうの自分でやったことがカタチになっていくのは楽しいねー。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SiO_the_ORANGE

Author:SiO_the_ORANGE
 
DIYとか自作とか修理って言葉に反応します。

 いろんなことを勉強しながらちょっとずつ出来ることを増やしていこうと目論むブログです。

 情報というよりメモですが、お気付きの点あればいろいろ教えてください。

コメント大歓迎です!

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。